水道橋博士の加圧トレーニングの方法と効果

運営者情報
芸能人のダイエット方法の検証を行うブログです。倖田來未、くわばたおはら、森三中村上知子、misono、松村邦洋etc、様々な芸能人が痩せたダイエット方法を紹介しております。
芸能人ダイエット方法で痩せたブログトップ > 水道橋博士 > 水道橋博士の加圧トレーニングの方法と効果

水道橋博士の加圧トレーニングの方法と効果

水道橋博士の場合は、前回のエントリーで紹介したベルト状の器具を両腕に装着します。これにより、激しい運動をせず、また時間も短くても、激しい運動を長時間したのと同じ効果を得られるのです。これは、腕を適度に締め付けることにより、血流が制限されるため、激しい運動をしている時と同じ筋肉状態を擬似的に作り出すことが出来るからです。つまり脳が勘違いするわけですね。加圧で血流が制限されることで、筋肉の中に乳酸が蓄積されます。それを感覚神経が感じ取り、体脂肪を分解させる効果のある成長ホルモンの分泌が通常の何百倍も活発になります。ですから、ダイエット効果も非常に高いものを期待出来るわけです。成長ホルモンというのは16歳の時が最も活発なのですが、だんだん加齢化するとともに、人間の成長ホルモンは出なくなります。ですが、加圧トレーニングにより、16歳の時と同じような体の状態に戻してやることが出来るので、これは、ダイエットだけでなく、まさにアンチエイジングそのものなのですね。この加圧トレーニングで3キロのダンベルでトレーニングすると、30キロくらいのダンベルでトレーニングしているような感覚になるそうです。これがまさしく脳の勘違いにより起こるのですね。しかし、実際には筋肉を使っているのは3キロの時と同じなので、筋肉痛は起きにくいのもこの加圧トレーニングの特徴です。しかし、効果としては重い負荷でトレーニングしているのと同じ状態なので、筋肉がつき、基礎代謝が増えるので、脂肪燃焼効果があり、痩せやすい体質になるというわけですね。

トラックバックURL