くわばたりえダイエット

運営者情報
芸能人のダイエット方法の検証を行うブログです。倖田來未、くわばたおはら、森三中村上知子、misono、松村邦洋etc、様々な芸能人が痩せたダイエット方法を紹介しております。
芸能人ダイエット方法で痩せたブログトップ > くわばたりえダイエット
メニュー:くわばたりえダイエット:目次
  • くわばたりえ ドリームプレス社
  • くわばたりえのコアリズム
  • くわばたりえがコアリズムでダイエットに成功

くわばたりえ ドリームプレス社

噂のダイエットFile.7ということで登場したコアリズムです。美しいくびれを生み出すダイエット体操として、現在、ビリーズ・ブート・キャンプ以上の人気を誇っています。そして挑戦したのは、ご存知クワバタオハラのくわばたりえさんです。彼女は、このコアリズムにより5ヶ月間でウエスト21cm減、体重10kg減に成功しました。これは、各所で話題になっていたので、ご存知の方も多いと思います。

では、くわばたりえさんが、ここまで痩せることの出来た軌跡をまず追いたいと思います。

そもそもの彼女がダイエットに挑むきっかけになった出来事が、森三中の村上知子さんの結婚報告からでした。自分も幸せになりたいと・・・ダイエットを決意することになりました。

しかし、当時のくわばたさんのウエストはぶよぶよでした。ウエスト85cmですから、当然です。そんな彼女が実践したのが、当時50万セットを売り上げた伝説のダイエットDVDであり最新の部分痩せエクササイズのコアリズムです。プロのラテンダンサーがウエストのシェイプアップに重点を置いて考案したこのコアリズムでは、「くびれの法則」といわれる3つの基本的な動きがあります。それを紹介します。

1.左右の動き「コア・ラテラル」
腰を左右に振る動きです。
2.前後の動き「コア・フレクション」
腰を前後に振る動きです。
3.回転の動き「コア・ローテーション」
腰をぐるぐると回す動きです。

上記の3つが、美しいくびれを作る秘訣なのだと言います。さらに、くわばたさんが取り入れた別の方法もあります。それが、ドリームプレス社でも御馴染みの森三中の村上知子さん、大島美幸さん、ハリセンボンの近藤春菜さんが実践している岡田斗司夫さんが考案したレコーディングダイエットです。彼の著書である「いつまでもデブと思うなよ」は50万部のベストセラーとなっており、かなり人気の高いダイエット方法なのです。それをくわばたりえさんも取り入れてみたのです。食べたものをメモすることで食生活を見直すという趣旨のこのダイエットで、くわばたりさんのダイエットへの意識はさらに高まっていったのだそうです。

このような形でダイエット生活は1ヵ月半が過ぎていきました。その結果、85cmだったウェストは65.4cmまで減り、体重は63.1kgから56.5kgまで減らすことに成功しました。

かなりの成果に見えますが、これにより、くわばたりえさんは新たな悩みも出てきたそうです。ウエストは凄くくびれてきたものの、二の腕とか脚(太もも)、お尻が落ちにくいというのです。ウエストが細くなった分、逆に太さが目立ってきたようです。そこで次なる目標として、これらの部位の部分痩せを決意しました。

ということで部分痩せの救世主と言われるある人物を訪ねたのです。の人物というのが、パーソナルトレーナー尾関紀輝さんです。この方は、数々のファッションモデルの方等、1万人の指導実績を持っており、理想の身体を作ることにおいては、まさしくスペシャリストと言っても過言ではないでしょう。

では、尾関紀輝さんが教える部分痩せの方法をご紹介致します。これは一分間で出来てしまう、筋トレとストレッチを組み合わせた方法となっています。筋肉の方に特化したエクササイズを加えることにより、部分痩せが可能になるというのです。

この時、クワバタオハラのくわばたりえさんのサイズですが、二の腕(右)28cm、二の腕(左)が26cm、ヒップ91cm、太もも(右)52.5cm、太もも(左)51.5cmという状態でした。ここから、どのような変化を遂げるのが、見ものですね。

では、部位ごとの部分痩せテクニックをご紹介します。

・部分痩せレッスン「二の腕」の1分間エクササイズ
椅子を体の後ろに置き、椅子の座る部分に手を置いて、その手だけで支える体勢をとります。そして、腕立ての要領で腕を曲げ伸ばしするのです。この時、足のつま先は、床につけてはいけません。これを10回繰り返します。

また、立ったままで、壁に手をつけて、壁に向かって腕立て伏せをすることでも、同様の二の腕の部分痩せ効果を期待出来ます。

そして上記のエクササイズのあとは、ストレッチを行いましょう。腕は上に伸ばし壁に体の側面をくっつけて、肘を顔の後ろ側に曲げます。その体勢で、20秒間キープします。これを左右行います。
部分痩せのトレーニングはストレッチがかなり重要になってきますので、面倒くさがらずにやるようにしましょう。この部分痩せのストレッチの効果について、健康運動指導士でありダイエットに詳しい古田裕子先生によりますと、「エクササイズで筋肉を使ったら、筋肉は縮みますので、縮んだ筋肉をストレッチで伸ばすことで、伸びた分、運動量が大きくなりますので、カロリーの消費量も多くなり、脂肪が燃焼しやすくなります」とのことでした。

このエクササイズとストレッチのコンボで、クワバタオハラのくわばたりえさんの二の腕はなんと、26.5cmになりマイナス1.5cmを達成しました。一度のエクササイズでここまでくるのは凄いですね。しかし、この変化は飽く迄も一時的なものとなります。継続することで、ちゃんとした効果が出てくるものです。

では続いて、太ももの部分痩せについてお話したいと思います。太ももの一分間エクササイズの方法ですが、まず、太ももを意識しながらスクワットします。この時、ガニマタになって、膝が90度の状態になるまで重心を落とすのがポイントです。

そして次は太もものストレッチです。ここでも椅子を用意します。膝を曲げずに、かかとだけを椅子の上に乗せて20秒間キープするようにします。これだけでも十分ストレッチになるのです。これを左右やりましょう。

これをやった後、サイズを測ってみたら、左は変わりませんでしたが、右の太ももが0.4cmサイズダウンしていました。

さらにヒップの一分間エクササイズを紹介します。四つんばいの状態で片足を高く上げましょう。足の裏で空を押すイメージなのだそうです。
そしてヒップのストレッチですが、あぐらをかいたような状態で、片足を後ろにやります。その状態でお知りを床から話さずに20秒間キープしましょう。左右やりましょう。

上記をくわばたおはらさんは取り組みました。
さらに、尾関先生から食生活にすいてアドバイスを貰いました。朝の食事で特に大切なのは、たんぱく質を摂る事だそうです。タンパク質は、筋肉の元になる栄養素であり、脂肪燃焼にも効果があるのです。特に、豆腐や納豆、イカなど比較的カロリーが低く高たんぱくな食材たちは、ダイエットに最適なのだと尾関先生は仰っていました。ですから、くわばたりえさんも積極的にタンパク質を摂取するように努めました。高タンパク低カロリーのメニューを取り入れ、さらにクワバタオハラのくわばたりえさんのダイエットは加速したようです。

それではここで、ダイエット71日目にして、くわばたりえさんが作った麻婆豆腐の作り方をご紹介致します。タンパク質豊富な、くわばた流のカロリーオフレシピです。
麻婆豆腐に欠かせない豆腐と豚肉には、豊富なタンパク質が含まれています。カロリーを抑えて、たった5分で調理できる方法をご紹介します。

通常の麻婆豆腐は、298kcalですが、くわばたりえ流の簡単ヘルシー麻婆豆腐は183kcalになります。なんと115kcalのカロリー節約が可能になるのです。

【1人前の材料です】
絹ごし豆腐(100g)/豚ひき肉(50g)/ネギ(50g)/にんにく(少量)/片栗粉(小さじ1/3)、豆板醤(小さじ1/4)

・まず、キッチンペーパーで豆腐の水気をとっておきます。
(豆腐のカロリー=56kcal)
・調味料はあらかじめ混ぜておきましょう。
合わせ調味料:醤油(小さじ2弱)/お酒(大さじ2)/豆板醤(小さじ1/4)/ニンニク(少量)/ごま油(小さじ1/2)/スープの素(少々)/片栗粉(小さじ1/3)/砂糖(小さじ1/3)
・上記の合わせ調味料に豚ひき肉を投入し、しっかりと混ぜ合わせるようにします。
・そして、ここからがポイントとなります。これを電子レンジでチンするのです。そうなのです。油で炒めるのではなく、全て電子レンジで調理してしまうのが「くわばた流」カロリーオフテクニックの極意なのです。ひき肉と合わせ調味料を混ぜたものを、電子レンジで1分間加熱することで、少量の油でも豆腐によく絡むのだそうです。さらに、油をごま油にしたことで、通常の麻婆豆腐よりも37kcalのカロリー節約が実現しています。ここに、2cm角に切った豆腐を置き、その上にみじん切りのネギを加え軽く混ぜたら、ラップをして1分間電子レンジで調理し、完成です。

調理時間はたった5分、電子レンジだけで出来てしまいます。油は最小限のごま油のみですが、豆腐にはしっかりと味が染みていて見事に麻婆豆腐になっています。タンパク質たっぷりのヘルシーメニューです。

くわばたりえのコアリズム

コアリズムとは、少し前に杉本彩さんが絶賛していて静かにブレイクしていたダイエットDVDですが、女性お笑い芸人コンビ・クワバタオハラの不細工な方のくわばたりえが、このコアリズムでダイエットに成功、ウェストサイズを20cmサイズダウンし、再ブレイクしています。

私も実際、このコアリズムを試してみましたよ。一時的ではありますが、丹念にこのDVDのダンスを踊ってまいりました。その結果、ウェストは、7cm減らすことが出来ました。そして、体重は4kg弱減りました。どうです?結構凄いと思いませんか。私もびびりました。まぁレコーディングダイエットや食べ合わせダイエットも多少平行している時期がかぶっていますが、特にウェストの減少はこのコアリズムの結果だと思ってますよ。それに、以前より体質的に太りにくくなっているような気がします。食べている量は、以前と今でも殆ど代わりませんが、圧倒的に太りません。

これは、全身の筋力がつき、基礎代謝量が増したからだと思いますね。さらに、このコアリズムの凄いところは、このように筋力がついたら、あとは定期的なメンテナスとして、週2回ほどのコアダンスをすれば、筋力や基礎代謝量は維持できるとのことです。

コアリズム実践者である杉本彩さんや、お笑い芸人のくわばたりえの成果を見ても、このことは納得いくともいます。彼女らの努力に私も負けず、パーフェクトなボディを目指して、日々このコアリズムとともに精進していこうと思います。

くわばたりえがコアリズムでダイエットに成功

女芸人コンビ・クワバタオハラの不細工な方であるくわばたりえが、ダイエットに成功したそうです。なんでも、85cmあったウェストが20cmサイズダウンし、65・4cmになったのだとか。食事制限も特にすることはなく、体重も63kgから、56.5kgまで減ったということで、各所で話題となっている。

その彼女のダイエットの秘密が、「コアリズム」というダイエットDVDによるものであるという。
このダイエットDVD、腰を振る独特なダンス「コアダンス」というものがダイエット理論の核となっているのだが、適度な運動量と高いダイエット効果を得られるとして、非常に人気の高いDVDとなっている。

コアダンスとは、もともとラテンダンスの振り付けの一部であり、このDVDでインストラクターをしている方も、ラテンダンスの第一人者であるそうだ。

このDVD、実はあの杉本彩さんも熱心なファンであり、彼女のボディもこのコアリズムで、若い頃よりも美しいボディラインを手に入れているそうだ。彼女はもともとラテンダンスに興味を持っていたこともあり、このコアダンスに夢中になったそうだ。

ちなみにくわばたりえのダイエット成功の裏には、恋の話があったのだとか。細川茂樹に、ダイエットに成功したら食事に一緒にいってくれるように頼んだそうだ。くわばたりえは、細川茂樹と食事に一緒にいけるということをモチベーションに頑張ったのだろう。やはりダイエットには、恋の力が絶大な効果をもたらすのかもしれない。