村上知子ダイエット

運営者情報
芸能人のダイエット方法の検証を行うブログです。倖田來未、くわばたおはら、森三中村上知子、misono、松村邦洋etc、様々な芸能人が痩せたダイエット方法を紹介しております。
芸能人ダイエット方法で痩せたブログトップ > 村上知子ダイエット
メニュー:村上知子ダイエット:目次
  • 村上知子のカロリーオフレシピ
  • ドリームプレス社 D-1コンテスト
  • レコーディングダイエット やり方
  • レコーディングダイエットに森三中村上知子が挑戦

村上知子のカロリーオフレシピ

ドリームプレス社の企画で、岡田斗司夫さんのレコーディングダイエットを実践中の村上知子さん。そんな村上知子さんが数多くのカロリーオフレシピをご紹介されていますね。今回は、それについてお話します。

まず、最初は、シーフードフライです。タルタルソースで召し上がります。
それぞれの作り方をご紹介します。

1.まず、はんぺんの大2分の1枚を用意。袋状に切り込みを入れましょう。そして、玉ねぎは、12分の1個を薄切りにします。さらに人参を10分の1本千切りにします。アスパラ2分の1本は塩ゆでしましょう(薄皮は剥いておきましょう)。そして、この茹でたアスパラを竹輪の穴に詰めます。以上が材料の下ごしらえとなります。

2.パン粉を用意して下さい。これをザルに入れます。そうすることで濾されて、きめが細かくなります。きめが細かくなると、パン粉の量が減ります。さらに、パン粉に吸収されるはずだった油の量も必然的に減少します。これにより、カロリーオフになるのです。具体的な数字としては112kcalのオフとなるわけです。

3.タルタルソースを作ります。ゆで卵は6分の1個を用意して下さい。マヨネーズタイプ調味料を小さじ一杯と、低カロリーヨーグルトを小さじ2杯も用意して下さい。これらをすべて混ぜます。さらに、玉ねぎときゅうりをみじん切りしたものを少々加えます。最後に塩コショウをぱっぱとふります。

4.水で溶いた薄力粉を、1で用意したはんぺんと竹輪につけます。次に普通なら卵をつけるのですが、今回はカロリーオフレシピということで使わないことにします。そのままパン粉をつけて、油であげましょう。ここで注意点としては、竹ぐしではんぺんの口を閉じておきましょう。これは、油が入らないようにするためです。

5.揚がったはんぺん、ちくわは、キッチンペーパーでおさえて、余分な油分をとっておきましょう。それを4等分程度に切ります。

6.これまでのプロセスのどこかで、30グラムのキャベツを千切りにしておきましょう。これは、付け合わせとして使います。

以上が、村上知子流のカロリーオフレシピ「ヘルシーシーフードフライ」でした。カロリーオフしながら、とても美味しく仕上がっています。是非お試しあれです。

ドリームプレス社 D-1コンテスト

9月19日に放送されたドリームプレス社のD-1グランプリですが、かなりの反響があったようです。女芸人がそれぞれ異なったダイエット法を実践し、誰が最も痩せるのかを競うという番組でした。

以下に参加者と、そのダイエット方法をご紹介しますね。

・村上知子(森三中):レコーディングダイエット
村上知子さんは、岡田斗司夫さんのレコーディングダイエットを継続中でした。様々なダイエットレシピも紹介してくれました。カロリーが少なくおいしい料理の数々、さすが料理上手の村上知子さんだと感心させられましたね。

・黒沢かずこ(森三中):伊達式・食べ合わせダイエット
黒沢さんも、最初から挑戦している伊達友美式の食べ合わせダイエットを継続して実践中です。今回は、伊達式の食べ合わせの具体例が豊富に紹介されていました。食べ合わせダイエットを実践中の人にとってはかなり参考になったのではないかと思います。

・森公美子:朝バナナダイエット
森公美子さんは、今空前のブームとなっている朝バナナダイエットに挑戦しました。朝食をバナナと水だけにするというダイエットで見事、上手に痩せる事が出来ました。以降、バナナが売り切れまくるほど、人気のダイエットとなりましたね。

・大島美幸(森三中):加圧トレーニング、アクアビクス、レコーディングダイエット
大島美幸さんは、あのタレントのヒロミさんが経営するジムで、加圧トレーニングをまずは行いました。そして、水中で運動するというアクアビクスというものも行っています。そして、同じ森三中の村上知子さんも実践中のレコーディングダイエットも加えて、トリプルのダイエット方法で臨みました。その結果、ウエスト9センチ減という成果を残しました。

・近藤春菜(ハリセンボン):骨盤ウォーキング、レコーディングダイエット
ハリセンボンの近藤春菜さんは、前田洋子先生の骨盤らくらくウォーキングとレコーディングダイエットに挑戦しました。骨盤ウォーキングでは、骨盤ふりふりストレッチ、ひよこストレッチ、肘はり腰ふりウォークといった様々な手法を教わりました。レコーディングダイエットもしっかり実践し、その結果85日間で3kgのダイエットに成功しました。ダイエットに成功したのは人生初だそうで感慨深かったですね。

・まちゃまちゃ:自転車ダイエット
まちゃまちゃさんは、自転車に乗りまくることでダイエットしようという、他の方と比べたら結構大変なダイエットに挑戦。さらに、まちゃまちゃさんのダイエットレシピも公開してくれました。ヘルシーオムライスです。美味しそうでした。そして、結果、自転車の走行距離は767kmまで達し、40日間で太ももマイナス9センチ減というなかなかの成果をあげてくれました。

・くわばたりえ(クワバタオハラ):コアリズム、部分痩せ運動・ストレッチ
くわばたりえさんは、ご存じコアリズムでウエスト20cm以上の減でしたが、二の腕や太ももがあまり細くならなかったことに悩んでいたそうです。ウエストが減った分、これらの部位が太く見えるのだそうで。ですから、今回は二の腕・太もも・ヒップの部分痩せに挑戦。運動+ストレッチを組み合わせた手法で、見事部分痩せに成功しました。

・はるな愛:経路リンパマッサージ
松浦亜弥(あやや)のモノマネ(エアアヤヤ)でお馴染みのはるな愛さんですが、はるな愛さんもダイエットに挑戦しました。はるな愛さんが挑戦したのは、経路リンパマッサージです。

レコーディングダイエット やり方

最近話題のレコーディングダイエット。TBS系列のテレビ番組「ドリームプレエス」でも取り上げられており、女性お笑い芸人トリオ森三中の村上知子が実践中ということでも、とても注目を浴びているダイエット法です。

レコーディングダイエットとは、別名「体重記録ダイエット」と呼ばれるように、やり方は簡単で名前の通り体重を記録するだけというものです。評論家の岡田斗司夫氏が提唱・実践して、成功したダイエット方法であり、「岡田式」等とも呼ばれています。
1年で50kgのダイエットに成功している。

記録する事で自分の体の変化を自覚しようというコンセプトであり、その記録ノートを、「デスノート」になぞらえて「デブノート」と呼びます。
メモとペンと体重計があれば良いという、簡単ダイエットであり、今すぐにでもはじめられるお手軽なものとなってます。

以下に、簡単にレコーディングダイエットのやり方をまとめておきます。

【STEP1】
・水以外の、口に入れたものを全て、「デブノート」に毎日記録する(メモを取る)
・毎日、同じ時間に体重を量り、それをメモに取る。

上記を数週間から数ヶ月続ていく。

【STEP2】
・食事と体重に加え、カロリーも記録する。商品の箱などに表示のあるものは、その数値を記録し、書いてない物に関してはネットで調べて記録していく。

【STEP3】
・STEP2まで記録した「デブノート」を参考に、カロリーを制限してみる。この制限の限度等に関しては、自分で自由に設定するようにする。


以上、とにかく「デブノート」に記録することが核となっているダイエット法。このデブノートの効果、村上知子が実証してくれるだろうか。見ものである。

レコーディングダイエットに森三中村上知子が挑戦

結婚も決まった女性お笑い芸人トリオ森三中の村上知子がウェディングドレスを着るために、ダイエットに挑戦しているそうです。その挑戦するダイエットと言うのが、今話題の「レコーディングダイエット」だそうです。

なんでも村上が挑戦するこのレコーディングダイエットの方法、食べたものを、水以外は全て記録にとっておくというダイエット法だそうです。安全で確実だと各所で高い評価を得ており、別名岡田式とも言われ、発案者の岡田斗司夫さんは、この道でもとても有名な方だそうです。

この食べ物を記録するメモ帳ないしノートを、人気コミック「デスノート」をもじって、「デブノート」と言うそうです。

ノートに名前を書かれた人が死ぬ・・・のがデスノートですが、このデブノートは、ノートに書かれた食べ物の脂肪分が消えるのだとか・・・笑

さらに、このレコーディングダイエットは、段階別に「助走→離陸→上昇→巡航」と飛行機の発進プロセスになぞらえており、その点が非常に分かりやすいと評判です。それぞれの段階毎に理にかなったダイエット法を伝授してくれます。

実際にこのレコーディングダイエット手法で、発案者の岡田斗司夫さんは、1年でなんと50kgもの減量に成功している方で、その体験を元にした著書『いつまでもデブと思うなよ』もブレイク、レコーディングダイエット実践者の方からは、沢山の喜びの声や感謝の手紙が寄せられているそうです。

果たして森三中の村上は、このレコーディングダイエットで、見事ダイエットに成功し、可憐にウェディングドレスを着こなすことが出来るのでしょうか。

当サイトでは、その経過を見守っていきたいと思います。