効果

運営者情報
芸能人のダイエット方法の検証を行うブログです。倖田來未、くわばたおはら、森三中村上知子、misono、松村邦洋etc、様々な芸能人が痩せたダイエット方法を紹介しております。
芸能人ダイエット方法で痩せたブログトップ > 効果
メニュー:効果:目次
  • ほしのあきのダイエット法でウエストのくびれを
  • ほしのあきダイエット法
  • レコーディングダイエット 効果

ほしのあきのダイエット法でウエストのくびれを

ほしのあきさんのダイエット法は当サイトでも少し前に述べたところですが、さらに追加情報が入りましたのでご紹介いたしますね。彼女は胸はとても大きいのに、ウエストはめちゃめちゃ細いですよね。あのくびれは、女性の憧れです。顔も小さいですが、ウエストも細い。女性としてはかなり憧れる体系だと思います。

そこで、ほしのあきさんがウエストのくびれを作るために実践している方法をご紹介いたします。

彼女は、時間さえあれば、いつでもどんな時でも、ウエストのくびれを保つために、身体をねじる「ツイスト運動」を行っています。このツイスト運動、しっかりと毎日行うことで、ウエストが引き締まっていきます。そしてエッジの効いた綺麗な身体に変身出来るのだと言います。

また、これは以前にも少し触れたことですが、ほしのあきさんは、とにかくよく歩きます。一時間くらいは平気で歩くそうです。仕事場にしても、1時間くらいで行ける距離であれば、必ず歩いていくそうです。そして、上記に述べたツイスト運動で腰をひねったりしながら歩くそうです。

また、これも前に紹介したことですが、足文字腹筋も、ウエストのくびれには良いようです。仰向けに寝て、両足を持ち上げて、1〜10までの数字を足で書くのだそうです。10まできたら、また1から繰り返すそうで。さすがほしのあきさんですね。

普段は明るいキャラで売ってますが、体型維持には非常にストイックに取り組んでいるようです。ダイエットをする人の鑑ですね。プロ意識の高さには感服いたします。

ほしのあきダイエット法

ほしのあきさんと言えば、30歳を超えているのに童顔で巨乳のグラビアアイドルです。彼女の体系は胸は大きいのに凄く細いですよね。顔も小さいです。彼女は実はプロ意識が凄く高くて、体型維持にもとても気を使っているそうです。その彼女の体型維持のノウハウをご紹介いたします。

まず、彼女は買い物等、どこに行くときでもスニーカーを履くようにしているそうです。歩くことで体型をキープするのだそうです。ジムには行いっていないようです。自転車にも乗りません。

また、水着を着たときは下腹部のでっぱりが気になるということで、腹筋もかなり入念に行っているようです。彼女の腹筋法はなかなか珍しく、仰向けに寝て、足を上げて、足で数字の1から10までを描くということをしているそうです。

また、お風呂上りには、全裸姿を自分で見てチェックするそうです。家にいるときも出来るだけ肌を露出すると、目の前にあるケーキやお菓子類を全部食べずに我慢しようと思えるそうです。ただ、我慢しすぎると後でドカ食いして逆効果なので、どうしてもお腹が空いたときは一口は食べるそうですよ。そうすることで精神的に落ち着くそうです。

今は特別な食事制限等は特にせず、上記のようなことを意識して生活を送っているとのことです。ほしのあきさんのダイナマイトバディを維持するためには、やはり地道な努力をされているようですね。

以上、ほしのあきさんのダイエット方法を簡単にご紹介してみました。

レコーディングダイエット 効果

レコーディングダイエットとは、オタク関係の本で有名な岡田斗司夫氏が発案したものです。彼が、ネーミングし自ら実践し、そして成果をあげたもので、非常に効果のあるダイエット法であると当サイトは評価しています。TBS系列のテレビ番組「ドリームプレエス」でも取り上げられているダイエット方法で、同番組の企画で現在、ウェディングドレスを着るために森三中の村上知子がレコーディングダイエットを実践中です。

岡田斗司夫氏自身が、このレコーディングダイエットの方法で一年で50キロ以上のダイエットに成功し、効果を実証しています。ですから、非常に効果のあるダイエット方法として今では、多くのダイエッターの間に広まっています。

このレコーディングダイエットの方法とは、食べたものを「デブノート」と名づけられたノートに逐一記録(レコーディング)していくというシンプルで簡単な方法です。岡田氏はテレビ番組などに出演した際に、一日1500kcalだけ食べるのだと述べてました。このデブノートには、ステップ2からはカロリーもちゃんと書いていく方法なのです。しかし、これはレコーディングダイエットの本質は、記録する(レコード・レコーディング)事であり、記録していくことでダイエットしているという意識作りを行うことを意図しています。ですから、カロリー計算自体は本質ではないかもしれません。が、朝食、昼食、夕食の食事毎にしっかりとカロリーを計算し、「デブノート」に記録(レコーディング)することは、やはり重要です。

デブノートは、個人的なノートでも良いのですが、出来ればブログやSNSの日記等、不特定多数の人が閲覧できるノートに記録すると、より効果が高まるかもしれませんね。他人が見ているということで、ダイエットに成功しなければ恥ずかしいというような意識が働くことも期待できますし、またダイエット仲間同士で励ましあえば、よりモチベーションが高まりますので、効果的です。最近のSNSにはダイエッター専用のものもあり、体重の変化をグラフで表示できるものもありますので、この点でもモチベーションの維持に繋がります。