体重

運営者情報
芸能人のダイエット方法の検証を行うブログです。倖田來未、くわばたおはら、森三中村上知子、misono、松村邦洋etc、様々な芸能人が痩せたダイエット方法を紹介しております。
芸能人ダイエット方法で痩せたブログトップ > 体重
メニュー:体重:目次
  • くわばたりえ ドリームプレス社
  • 小出真保の身長と体重経過
  • 鈴木えみ ダイエット
  • MEGUMIのダイエット方法と身長・体重
  • 永作博美 ダイエット(美容法)と体重
  • 山口紗弥加のダイエット方法(半身浴・サプリメント編)と身長・体重
  • 観月ありさ ダイエット
  • 押切もえ ダイエット
  • rikaco ダイエット
  • 香取慎吾 ダイエット

くわばたりえ ドリームプレス社

噂のダイエットFile.7ということで登場したコアリズムです。美しいくびれを生み出すダイエット体操として、現在、ビリーズ・ブート・キャンプ以上の人気を誇っています。そして挑戦したのは、ご存知クワバタオハラのくわばたりえさんです。彼女は、このコアリズムにより5ヶ月間でウエスト21cm減、体重10kg減に成功しました。これは、各所で話題になっていたので、ご存知の方も多いと思います。

では、くわばたりえさんが、ここまで痩せることの出来た軌跡をまず追いたいと思います。

そもそもの彼女がダイエットに挑むきっかけになった出来事が、森三中の村上知子さんの結婚報告からでした。自分も幸せになりたいと・・・ダイエットを決意することになりました。

しかし、当時のくわばたさんのウエストはぶよぶよでした。ウエスト85cmですから、当然です。そんな彼女が実践したのが、当時50万セットを売り上げた伝説のダイエットDVDであり最新の部分痩せエクササイズのコアリズムです。プロのラテンダンサーがウエストのシェイプアップに重点を置いて考案したこのコアリズムでは、「くびれの法則」といわれる3つの基本的な動きがあります。それを紹介します。

1.左右の動き「コア・ラテラル」
腰を左右に振る動きです。
2.前後の動き「コア・フレクション」
腰を前後に振る動きです。
3.回転の動き「コア・ローテーション」
腰をぐるぐると回す動きです。

上記の3つが、美しいくびれを作る秘訣なのだと言います。さらに、くわばたさんが取り入れた別の方法もあります。それが、ドリームプレス社でも御馴染みの森三中の村上知子さん、大島美幸さん、ハリセンボンの近藤春菜さんが実践している岡田斗司夫さんが考案したレコーディングダイエットです。彼の著書である「いつまでもデブと思うなよ」は50万部のベストセラーとなっており、かなり人気の高いダイエット方法なのです。それをくわばたりえさんも取り入れてみたのです。食べたものをメモすることで食生活を見直すという趣旨のこのダイエットで、くわばたりさんのダイエットへの意識はさらに高まっていったのだそうです。

このような形でダイエット生活は1ヵ月半が過ぎていきました。その結果、85cmだったウェストは65.4cmまで減り、体重は63.1kgから56.5kgまで減らすことに成功しました。

かなりの成果に見えますが、これにより、くわばたりえさんは新たな悩みも出てきたそうです。ウエストは凄くくびれてきたものの、二の腕とか脚(太もも)、お尻が落ちにくいというのです。ウエストが細くなった分、逆に太さが目立ってきたようです。そこで次なる目標として、これらの部位の部分痩せを決意しました。

ということで部分痩せの救世主と言われるある人物を訪ねたのです。の人物というのが、パーソナルトレーナー尾関紀輝さんです。この方は、数々のファッションモデルの方等、1万人の指導実績を持っており、理想の身体を作ることにおいては、まさしくスペシャリストと言っても過言ではないでしょう。

では、尾関紀輝さんが教える部分痩せの方法をご紹介致します。これは一分間で出来てしまう、筋トレとストレッチを組み合わせた方法となっています。筋肉の方に特化したエクササイズを加えることにより、部分痩せが可能になるというのです。

この時、クワバタオハラのくわばたりえさんのサイズですが、二の腕(右)28cm、二の腕(左)が26cm、ヒップ91cm、太もも(右)52.5cm、太もも(左)51.5cmという状態でした。ここから、どのような変化を遂げるのが、見ものですね。

では、部位ごとの部分痩せテクニックをご紹介します。

・部分痩せレッスン「二の腕」の1分間エクササイズ
椅子を体の後ろに置き、椅子の座る部分に手を置いて、その手だけで支える体勢をとります。そして、腕立ての要領で腕を曲げ伸ばしするのです。この時、足のつま先は、床につけてはいけません。これを10回繰り返します。

また、立ったままで、壁に手をつけて、壁に向かって腕立て伏せをすることでも、同様の二の腕の部分痩せ効果を期待出来ます。

そして上記のエクササイズのあとは、ストレッチを行いましょう。腕は上に伸ばし壁に体の側面をくっつけて、肘を顔の後ろ側に曲げます。その体勢で、20秒間キープします。これを左右行います。
部分痩せのトレーニングはストレッチがかなり重要になってきますので、面倒くさがらずにやるようにしましょう。この部分痩せのストレッチの効果について、健康運動指導士でありダイエットに詳しい古田裕子先生によりますと、「エクササイズで筋肉を使ったら、筋肉は縮みますので、縮んだ筋肉をストレッチで伸ばすことで、伸びた分、運動量が大きくなりますので、カロリーの消費量も多くなり、脂肪が燃焼しやすくなります」とのことでした。

このエクササイズとストレッチのコンボで、クワバタオハラのくわばたりえさんの二の腕はなんと、26.5cmになりマイナス1.5cmを達成しました。一度のエクササイズでここまでくるのは凄いですね。しかし、この変化は飽く迄も一時的なものとなります。継続することで、ちゃんとした効果が出てくるものです。

では続いて、太ももの部分痩せについてお話したいと思います。太ももの一分間エクササイズの方法ですが、まず、太ももを意識しながらスクワットします。この時、ガニマタになって、膝が90度の状態になるまで重心を落とすのがポイントです。

そして次は太もものストレッチです。ここでも椅子を用意します。膝を曲げずに、かかとだけを椅子の上に乗せて20秒間キープするようにします。これだけでも十分ストレッチになるのです。これを左右やりましょう。

これをやった後、サイズを測ってみたら、左は変わりませんでしたが、右の太ももが0.4cmサイズダウンしていました。

さらにヒップの一分間エクササイズを紹介します。四つんばいの状態で片足を高く上げましょう。足の裏で空を押すイメージなのだそうです。
そしてヒップのストレッチですが、あぐらをかいたような状態で、片足を後ろにやります。その状態でお知りを床から話さずに20秒間キープしましょう。左右やりましょう。

上記をくわばたおはらさんは取り組みました。
さらに、尾関先生から食生活にすいてアドバイスを貰いました。朝の食事で特に大切なのは、たんぱく質を摂る事だそうです。タンパク質は、筋肉の元になる栄養素であり、脂肪燃焼にも効果があるのです。特に、豆腐や納豆、イカなど比較的カロリーが低く高たんぱくな食材たちは、ダイエットに最適なのだと尾関先生は仰っていました。ですから、くわばたりえさんも積極的にタンパク質を摂取するように努めました。高タンパク低カロリーのメニューを取り入れ、さらにクワバタオハラのくわばたりえさんのダイエットは加速したようです。

それではここで、ダイエット71日目にして、くわばたりえさんが作った麻婆豆腐の作り方をご紹介致します。タンパク質豊富な、くわばた流のカロリーオフレシピです。
麻婆豆腐に欠かせない豆腐と豚肉には、豊富なタンパク質が含まれています。カロリーを抑えて、たった5分で調理できる方法をご紹介します。

通常の麻婆豆腐は、298kcalですが、くわばたりえ流の簡単ヘルシー麻婆豆腐は183kcalになります。なんと115kcalのカロリー節約が可能になるのです。

【1人前の材料です】
絹ごし豆腐(100g)/豚ひき肉(50g)/ネギ(50g)/にんにく(少量)/片栗粉(小さじ1/3)、豆板醤(小さじ1/4)

・まず、キッチンペーパーで豆腐の水気をとっておきます。
(豆腐のカロリー=56kcal)
・調味料はあらかじめ混ぜておきましょう。
合わせ調味料:醤油(小さじ2弱)/お酒(大さじ2)/豆板醤(小さじ1/4)/ニンニク(少量)/ごま油(小さじ1/2)/スープの素(少々)/片栗粉(小さじ1/3)/砂糖(小さじ1/3)
・上記の合わせ調味料に豚ひき肉を投入し、しっかりと混ぜ合わせるようにします。
・そして、ここからがポイントとなります。これを電子レンジでチンするのです。そうなのです。油で炒めるのではなく、全て電子レンジで調理してしまうのが「くわばた流」カロリーオフテクニックの極意なのです。ひき肉と合わせ調味料を混ぜたものを、電子レンジで1分間加熱することで、少量の油でも豆腐によく絡むのだそうです。さらに、油をごま油にしたことで、通常の麻婆豆腐よりも37kcalのカロリー節約が実現しています。ここに、2cm角に切った豆腐を置き、その上にみじん切りのネギを加え軽く混ぜたら、ラップをして1分間電子レンジで調理し、完成です。

調理時間はたった5分、電子レンジだけで出来てしまいます。油は最小限のごま油のみですが、豆腐にはしっかりと味が染みていて見事に麻婆豆腐になっています。タンパク質たっぷりのヘルシーメニューです。

小出真保の身長と体重経過

小出真保さんとは、優香のモノマネでブレイク中のお笑い芸人です。麦芽というグループで活動をされているのですが、そのモノマネのおかげで、ソロでの活動も多くなっているようですね。そして、最近ダイエッターの間でも注目を浴びる存在となっているわけですが、それはズバリ、おネエ★MANSというIKKOさんの番組でダイエット企画に挑戦中だからです。

そして、小出真保さんは、どのような結果を出すことが出来たのか。それについて今回はお話します。最初の企画として10日間でのダイエットというものでした。この10日間の間に、まず、体重ですが、身長152cmにしてダイエット前は53.7kgだったのが、51.3kgまで減りました。そこまで体重からしたら劇的な変化ではないので、それほどびっくりしないかもしれませんが・・・なんと驚きはウエストです。なんと80.4cmあったウエストが70.2cmまで減少しました。これはすごいですよね。体重がそこまで減ったわけではないのにウエストがここまで引き締まるということは・・・腰回しダイエットで有名なSIHOさんの方法がいかに凄いかということがよく分かりますね。美腰ダイエットという彼女のダイエット方法は、ダイエッターにとっては要チェックだと思います。

ちなみに、小出真保さんですが、体脂肪は1.7パーセント減らすことにも成功しました。さすがおネエ★MANSの力ですね。もちろん小出真保さんの努力も大きかったと思います。以上、小出真保さんの身長と体重経過及びダイエットの成果でした。

鈴木えみ ダイエット

鈴木えみさんは、モデルとして活躍し、その可愛らしいルックスにより、ティーンの女の子からは憧れの存在となっています。また、年収30億とも言われる資産を持つとも言われていたりしますね。細くて長い手足に、パッチリとした大きな瞳にぽってりとした美しくセクシーな唇は、モデルとしてもグラビアとしても非常に恵まれたルックスとなっています。

そんな鈴木えみさんですが、身長は、168cmにして、なんと体重43kgです。かなり細い。この体型を維持するために鈴木えみさんが実践しているダイエット方法を御紹介いたします。

そのダイエット法とは、アイスティーとサラダのみで、2週間、食べない・寝ない・・・・というものです。単純ですが、これだけなのです。いや、これは、でもヤバイですね。出来ることなら真似しないほうが良いでしょう。鈴木えみさんのような細い体型に憧れるティーンは多いと思いますが、このような無理なダイエット方法は、健康には勿論、美容にもよくないですから。

鈴木えみさんは、雑誌ではとても美しいです。しかしそれは光の当て方や、画像の補正や修正によるところもあるかもしれません。テレビでみると、かなり不健康そうで、ガイコツのようです。多くの共演者からも「気持ち悪いくらいの細さ」と評価されることもしばしばなのだとか。くれぐれも、このようなダイエット方法を実践して体を壊さないようにしたいものです。

当サイトでは、もっと健康的なダイエット方法を沢山紹介しているので、そちらを実践されるのが良いと思います。

MEGUMIのダイエット方法と身長・体重

MEGUMIは身長158cmですが、体重は事務所非公開。多分胸がある分。体重も若干重くなってるのかもしれませんね。前回のエントリーではMEGUMIのダイエット方法として、ケビン山崎のトータルワークアウト式のダイエット方法をご紹介しました。この方法は3週間という比較的短い期間で結果を出すための方法論でしたが、今回はMEGUMIさんが、長期間の間体型を維持している秘訣についてご紹介したいと思います。

まず、MEGUMIさんは、毎日犬の散歩に行くことによってウォーキングを実践しています。30分くらいは歩くことになるので、良い運動になる上に、気分転換にもなって一石二鳥なのだとか。これにより日々の運動量が増え、さらに筋トレにもハマったそうです。腹筋はひねりを加えながらみっちりと回数をこなしているそうです。自宅や仕事の空き時間を利用して、ダンベルやチューブトレーニングにより二の腕も鍛えています。仕事の待ち時間には、ダンベルを持った気持ちになって、腕に力を強く入れながら、90度に曲げた肘を後ろに押すというエクササイズをやっているそうです。これはなかなかの徹底振りですね。

あとは、水分補給はこまめに行っているそうです。そしてドカ食いは厳禁にしているそう。1日2食のドカ食いとかをすると相撲取りと同じ食生活になってしまいますからね。ドカ食いをしないことで、太らない体質になったそうです。またお酒好きのMEGMIさんは、結構お酒を楽しんでいるそうです。無理してセーブするよりも、楽しむ程度に飲む方がストレスもたまりませんし、食事量も減ったそうです。家での食事は豚汁をよく作って、野菜を沢山摂取するそうです。

永作博美 ダイエット(美容法)と体重

永作博美さんは37歳にして、芸人が選ぶ好きな女優ランキングで1位をとるなど、その美しさと若さと人気には非常に定評がる女優・タレントさんです。身長156cmにして体重40kgというスリムなボディも見逃せませんね。そんな彼女のダイエット法について今回は取り上げてみます。いつまでもスリムで若々しくいたいあなたは、是非ともご参考にされて下さい。

永作博美さんのダイエット方法の1つは、芸能人の方の間でも凄く人気のある「岩盤浴」で汗を流し身体を温めることで、余分なものを対外に排出し、代謝を高めるという方法です。岩盤浴をしている女優としては、永作博美さん以外にも観月ありささんや熊田曜子さん、国生さゆりさんなどがおられます。どの方も非常に美しい方ですよね。観月ありささんは、もう31歳ですし、国生さゆりさんも40代のはず。それでもあの若さを保っていられるというのは、やはり岩盤浴にも秘密があるのだと思われます。

また、永作博美さんは、入浴剤が大好きということで、家でお風呂に入る時も、気のエキスの入浴剤や塩などを入れての入浴を実践されているそうです。これも代謝が良くなり、余分なものを対外に排出する効果が高く、ダイエット効果が得やすい体質を日々作ってくれているのですね。

以上のように、永作博美さんのダイエット方法の肝の1つは、「入浴」にあるようですね。またさらに食生活としても永作博美さんは非常に工夫をされています。まず、美肌と健康とダイエット効果として、野菜を積極的に摂取されているのは勿論のこと、黒豆茶を愛飲されているそうです。

山口紗弥加のダイエット方法(半身浴・サプリメント編)と身長・体重

先日は山口紗弥加さんのダイエットについてご紹介しましたが、まだまだ書き足りないことがありますので、さらに掘り下げますね。彼女は、半身浴にハマっているということは前回述べましたが、その半身浴の方法というのがちょっと変わっているのです。山口紗弥加流半身浴は、湯船にハチミツや牛乳を入れるのです。これは、入浴剤の代わりのようなもので、ハチミツや牛乳以外にも、オレンジやレモンなどを入れることもあるそうです。とても香りが良くてリラックス効果が高く、またしっとりとした肌になるということで、美肌効果も高いものが期待できます。ダイエットだけでなく、総合的な美容効果として実践されているようですね。山口紗弥加さんは身長158cmにして、体重は43kgと、かなりスリムですよね。

また、変わった所で玉ねぎ風呂と言うのもお勧めだそうです。みじん切りにした玉ねぎをガーゼに包んで、浴槽に浮かべるというものですが、疲労回復効果が高いそうです。ですが、ニオイがスゴイらしいので、その辺りを考慮に入れて、人に会う前とかはやめた方がいいかも?

そしてさらに、彼女は毎日ビタミン補給のために、ファミリーコンクドリンクという、ベルセレージュから出ているドリンクを愛飲しているそうです。お肌の調子もよく、ダイエット中の栄養補給にはとても良いそうです。それだけでなく風邪も引かなくなってきたそうです。植物エキスやビタミンが豊富に配合されているドリンクですので、オススメですね。お水に薄めて飲むタイプのドリンクで、オレンジ風味だそうです。興味のある方は、これも試してみると良いと思います。

以上、山口紗弥加さんのダイエット法・美容法をご紹介いたしました。

観月ありさ ダイエット

観月ありささんは、手足が長くて顔が小さい、日本人離れした美しいボディの持ち主として多くの女性が憧れています。身長169cmにして45kgという体型は驚異的ですね。そんな彼女、実は体型維持のため・・・というか身体に良いとされることは、何でも試してしまいたいたちなんだそうです。これまで、筋トレ、ボクササイズ、エアロビ、水泳など色々と挑戦してきたとのことですが、5年ほど前には、K-1選手が行っているというかなりハードな肉体改造にも挑戦したそうです。身体を苛めるのが大好きだとご本人は仰っています。筋肉痛になると効いていることが実感できて嬉しいのだそうです。でも、これ、結構筋トレ好きの人は多いですね。私も実はそうなんです。筋肉痛になると、嬉しいんですよ。

そんな彼女ですが、現在行っているダイエット法は、時間があればジムに行って、軽い負荷の運動で、ゆっくりとした動きで筋肉を鍛える「スロートレーニング」を実践中なのだそうです。

そして、体型時のためにピラティスにも通っているそうです。ピラティスは、筋肉痛が無いので、ウェイトトレーニング派の観月ありささんは、効いていることが実感できず、最初は戸惑ったそうです。しかし、回を重ねていくごとに、呼吸や意識を集中させていくことを学んでいくと、そのことが身体に染み込んでいくのが実感できて楽しくなってきたそうです。すると、代謝も活発になっていって、むくみにくい体質になり、寝ているだけでも汗が出るようになっていったのだとか。今ではピラティスは自分に非常にあっていると感じているそうです。

以上、観月ありささんのダイエット法をご紹介致しました。

押切もえ ダイエット

モデルとしてもカリスマ的な人気を博している押切もえさんは、非常に健康的で理に適ったダイエット方法を実践していることで定評があります。食事にも気を使い、適切な目標値を設定し、毎日体重計に乗り、体脂肪と体重の両方をチェックするというようなことをしっかりと習慣化していたりと、体調管理・健康管理・ボディケアは徹底しています。

そのな押切もえさんのダイエット法の最もキモとなる方法が、「低インシュリンダイエット」です。これは、別名「低炭水化物ダイエット」とも言われています。

低炭水化物ダイエットというのは、炭水化物を控えることで、インシュリンの分泌量を低く抑えることができます。そうすると、糖が脂肪細胞へ運ばれ難くなります。ですから脂肪細胞からエネルギーを引き出して消費させる役割をもつグルカゴンの分泌が促されます。以上により、運動しなくても痩せやすい体質になるのです。

炭水化物の摂取を控えると言っても、3食きっちりと食べる必要があります。また、炭水化物を全く摂取しないのも良くありません。飽く迄控えめにするというだけです。

以上のような低インシュリンダイエットにより、押切もえさんは、その美しくスレンダーな体型を維持しているわけですが、さらにこれに、押切もえさんは、運動も加えています。しっかり運動し、汗をかいているようです。フルマラソンにも挑戦し、なかなか良い結果を出されているようですよ。初めてのマラソンでもかなりの好タイムを出したようですから、普段しっかりと運動されており体が出来ていたんでしょうね。さすがプロですね。

rikaco ダイエット

rikacoさんは、エルセーヌのCMでもお馴染みですね。エルセーヌと言えば、エステですが、エステのCMに起用されるほどのボディですから、あまりにもすばらしいですよ。実際エルセーヌに通って、体重4キロ減ったと言う知り合いもいます。ふくらはぎもすっきりしてブーツがゆるくなったと喜んでました。パンツも1サイズ小さいものが入るようになったのだとか。下半身痩せには効果抜群のようですね。でもお金もかなりかかるそうですが・・・w

で、rikacoさんのダイエット法を探ってみました。まず、rikacoさんは、ちゃんとした筋力トレーニングを行い、基礎代謝をあげているようですね。無酸素運動というやつです。ただ、普通に漠然と運動するだけでは効果が半減するとのこと。

彼女は、今鍛えている筋肉を意識しながら、鍛えるそうです。しかもその意識の方法は、ただ心の中で意識するだけではなく、声に出して、お尻を鍛えているときは、「お尻!お尻!」と唱えて、太ももを鍛えてる時は「太もも!太もも!!!」と声を大きく出して唱えているそうですよ。そうすることで、より鍛えている筋肉に意識が向くと言うのです。但し、自宅でやっていると近隣住人に迷惑がかかる場合があるので程々に・・・とのことでした。でも効果があることなので、積極的に取り入れると良いですよ^^

そして、運動した後は素早く、たんぱく質を摂取することです。たんぱく質を摂取することで、運動効果がよりダイレクトに筋肉に伝わり、筋肉量が増えます。それにより基礎代謝が増えていきますから。筋肉が増えすぎることを恐れる人もいるようですが、女性がそう簡単に見た目に分かるほどに筋肉が増えることはまずないので、大丈夫です。筋肉で太ったように見える人も、実際にちゃんと計測すると殆どが脂肪だったりします。力を入れると表面が固いので、筋肉と勘違いする人も多いようですが、筋肉の中に霜降り上に脂肪がたまっていることが多いようですね。筋肉太りなんてものを女性が気にする必要はまずありません。女性のボディビルダーが1kg筋肉を増やすのに血の滲むようなトレーニングをしているんです。それでも女性はなかなか増えないですから。このような事情を知っている人からしたら、女性が筋肉太りをすることを恐れることが、いかに滑稽か分かると思います。

香取慎吾 ダイエット

SMAPの肉体派として知られた香取慎吾さんですが、彼は8週間で体重88.0kgから73.1kgへと14.9kgもの減量に成功したダイエットのスペシャリストだったのですよ。ウエストも90cmから79.0cmへと11cmも減らしました。その香取慎吾さんが実践した減量の方法論をご紹介いたします。

まず、食事の内容を変えたそうです。ダイエット前は1日5000kcalくらい摂取していたそうですが、それを1600kcalまで減らしました。また、食事を抜かず、ちゃんと1日3食とっていました。そして、毎日ウォーキングとジムでの筋トレです。

ジムではエアロビクス関連でまずは身体を温めつつ、有酸素運動でカロリーを効率的に消費します。トレッドミルを30分、クロストレーナーを10分だそうです。その後筋力トレーニング(無酸素運動)ということで、ベンチプレス、フライ、プッシュアップ、アッパーバック、プルオーバー、アップライトローイング、アームカール、シーソー、アブトレーニングといった種目をみっちりやります。そうすることで、全身効率よく鍛えることが出来、筋肉量が増えるので基礎代謝も増え、脂肪が消費しやすく太りにくい体質を作っていったようです。
そしてストレッチも入念に行い、クールダウン。

以上のようなメニューをしっかりと香取慎吾さんはこなしました。芸能人のダイエット方法にしては、非常に地味で堅実な方法ですが、やはりこれが一番確実といえましょう。