加圧ダイエット

運営者情報
芸能人のダイエット方法の検証を行うブログです。倖田來未、くわばたおはら、森三中村上知子、misono、松村邦洋etc、様々な芸能人が痩せたダイエット方法を紹介しております。
芸能人ダイエット方法で痩せたブログトップ > 加圧ダイエット
メニュー:加圧ダイエット:目次
  • 大島美幸 断食ダイエット
  • 森三中 大島美幸 ダイエット
  • 水道橋博士の加圧トレーニングの方法と効果

大島美幸 断食ダイエット

先日のエントリーで、大島美幸さんがダイエットを決意されたことをお話しました。その時、彼女が実践しているものとして、マクロビダイエットと加圧ダイエット(加圧式トレーニング)を紹介しました。しかし、この2つ以外でも彼女が実践しているダイエット法というものがあったりします。それが今回紹介する断食ダイエットです。

断食ダイエットというのは、無理なダイエット、好ましくないダイエットの代表的なものであるというイメージを持っている方は多いと思います。しかし最近では、専門の施設で期間限定でやる場合は、むしろ健康法としても用いられることもあるほどだそうです。腸内を一度、空っぽにするのは、飽食の現代においてはむしろ好ましかったりするのです。

また、断食ダイエットは、体内に蓄積されているグリコーゲンを使い切るのに良いのです。グリコーゲンというのは、体脂肪よりも優先して消費されるエネルギーのことで、このグリコーゲンの消費には12時間かかるとされています。ですから脂肪が萌え始めるのは12時間後ということになるのですね。ですから12時間食を断って、脂肪が消費されるのを待つのが、この断食なのです。最近では「ファスティング」とも呼ばれ、割と一般的になってきています。

これら断食は、一人でやるのはやはり中々難しいのですね。ということで断食ダイエット合宿が人気です。専門のインストラクターの指導の下、緻密な計画をもって安心して断食ダイエットが実践できる合宿があるのです。そして、その断食ダイエット合宿に、かの大島美幸さんも参加されたそうです。体重が減って喜んでおられましたよ。

森三中 大島美幸 ダイエット

TBSドリームプレス社の企画で、森三中の村上知子さんが岡田斗司夫のレコーディングダイエットを、黒沢かずこさんが伊達友美式の食べ合わせダイエットをそれぞれ実践しているのは、当サイトの読者の方なら既にご存知だと思います。

そんな中で、ついに大島美幸さんもダイエットを決意したそうです。彼女は2002年、放送作家の鈴木おさむ氏と結婚して幸せでした。しかし、彼女に不幸が襲ったのです。昨年のクリスマス、待望の妊娠が発覚し幸せの絶頂だった彼女に悲劇が襲ったのです。2008年1月、流産・・。大島美幸さんは、悲しみにくれるなか、ある手紙をきっかけに流産を受け入れたのだそうです。そして、今度こそ素敵なお母さんになろうと、彼女はダイエットを決意したのでした。

彼女のサイズは・・・身長166センチにして体重86キロの巨漢。そんな彼女がマタニティダイエット始動です。最高のコンディションで赤ちゃんを産むためのダイエットなのです。

まず、マクロビオティックという精進料理が元になっているダイエットを始めました。体重は78キロまで減ったのですが、体脂肪が減らなかったので、体脂肪率を下げるためということで、当サイトでも度々紹介している「加圧トレーニング(加圧式トレーニング、加圧ダイエット)」をはじめたのです。水道橋博士や藤原紀香、釈由美子、杉本彩さんも実践している、芸能人に非常に人気の高いダイエット方法です。この加圧ダイエットで、大島美幸さんは、体脂肪を減らすことを目指しています。当サイトも大島美幸さんの成功を微力ながら応援しています。

水道橋博士の加圧トレーニングの方法と効果

水道橋博士の場合は、前回のエントリーで紹介したベルト状の器具を両腕に装着します。これにより、激しい運動をせず、また時間も短くても、激しい運動を長時間したのと同じ効果を得られるのです。これは、腕を適度に締め付けることにより、血流が制限されるため、激しい運動をしている時と同じ筋肉状態を擬似的に作り出すことが出来るからです。つまり脳が勘違いするわけですね。加圧で血流が制限されることで、筋肉の中に乳酸が蓄積されます。それを感覚神経が感じ取り、体脂肪を分解させる効果のある成長ホルモンの分泌が通常の何百倍も活発になります。ですから、ダイエット効果も非常に高いものを期待出来るわけです。成長ホルモンというのは16歳の時が最も活発なのですが、だんだん加齢化するとともに、人間の成長ホルモンは出なくなります。ですが、加圧トレーニングにより、16歳の時と同じような体の状態に戻してやることが出来るので、これは、ダイエットだけでなく、まさにアンチエイジングそのものなのですね。この加圧トレーニングで3キロのダンベルでトレーニングすると、30キロくらいのダンベルでトレーニングしているような感覚になるそうです。これがまさしく脳の勘違いにより起こるのですね。しかし、実際には筋肉を使っているのは3キロの時と同じなので、筋肉痛は起きにくいのもこの加圧トレーニングの特徴です。しかし、効果としては重い負荷でトレーニングしているのと同じ状態なので、筋肉がつき、基礎代謝が増えるので、脂肪燃焼効果があり、痩せやすい体質になるというわけですね。